Advanced Ads

多くの広告を管理できるプラグインAdvanced Adsの設定と使い方


スポンサーリンク

Advanced Adsの使い方と設定

前回はWp-insertとAdvanced Adsの使い方とその違いについて書いていきましたが、今回はAdvanced Adsの使い方と設定について記載したいと思います。使い方も使い勝手もとても簡単で、広告などの管理もしやすいプラグインです。

インストールと有効化

インストールと有効化します。有効化すると、左側の項目一覧にAdvanced Adsの項目ができています。Advanced AdsのAdsを選択します。AdsとPlacementsを使い広告などを設定します。広告などを設定する順番は次の通りです。

Advanced Ads

    1. Adsで広告の内容を貼る
    2. Placementsで広告の配置を指定する
スポンサーリンク

Advanced Adsで広告などの設定

Advanced AdsのAdsを選択し、広告の内容を記載する

Wizardが開きますから、わかりやすいです。

  • New Adをクリックして、広告の内容を記載します。

Advanced Ads

  • わかりやすいタイトルをつけます。すべての記載が終わったら、最後に公開します。

Advanced Ads

  • Ad parmetersに広告などのテキストやコードを貼ります。

Advanced Ads

  • 表示の仕方を選びます。marginの指定もできます。

Advanced Ads

  • 表示と非表示の選択をします。

Advanced Ads

  • New conditionで表示または非表示する項目を選ぶとその一覧がでます。その中から表示または非表示するものを選択します。

Advanced Ads

  • 保存すると、以下のように保存したタイトルが並びます。私は「adsense上部」と「amazon1」で保存してみました。

Advanced Ads

Advanced AdsのPlacementsで広告などの位置を指定する

左の項目よりAdvanced Adsを選び、Placementsを開きます。

Advanced Ads

  • 広告などを表示する位置を選びます。

Advanced Ads

ヘッダー、フッター、記事の上部、下部、記事の中間、サイドバーから選びます。サイドバーを選ぶと、ウィジェットを使いサイドバーの設定ができます。

  • わかりやすい名前をつけて、保存します。

Advanced Ads

広告の位置に広告の種類を指定する

広告の位置が記事の中の場合、その広告の位置は細かく指定できます。どのタグの前後に入れるのか指定します。

Advanced Ads

スポンサーリンク

まとめ

以上がAdvanced Adsの使い方です。他に広告を貼るプラグインはWp-insertもあります。Wp-insertとAdvanced Adsを比べた記事とWp-insertの使い方についても記載しています。下記をご参考にしてください。

Wp-insertとAdvanced Adsを比べた記事

https://book7.coresv.com/advanced-ads

広告を貼るプラグインAdvanced Adsの使い方 Wp-insertとの違い
広告を貼るプラグイン 広告を貼るプラグインQuick Adsenseは4年も更新されていません。そこでWp-insertとAdvanced Adsの使い方とその違いについて記載しま

Wp-insertの使い方と設定について

https://book7.coresv.com/wp-insert

広告を貼るプラグインWp-insertが使いやすい
広告を貼るプラグイン選んだ結果 広告のプラグインを検索すると上位に上がるプラグインは「Quick Adsense」です。このプラグイン、最終更新日が3年前だし、このWordPre