wordpress

無料レンタルサーバー WordPress【更新】


スポンサーリンク

無料レンタルサーバーでいい?

ブログを始めた当初は続くかわからないし、お試しのつもりですから、有料のレンタルサーバーは利用するつもりはありませんでした。

無料のレンタルサーバーでもWordPressでwebサイトを作ることができます。

無料レンタルサーバーとWordPressについて大幅な変更点がありますので、下記リンクページに更新しています。

WordPressを無料レンタルサーバーで利用すること【困ったこと】 - webNote
WordPressでブログをはじめる WordPressは誰でも簡単に利用できるブログのプラットフォームです。 …
スポンサーリンク

WordPress

WordPressは、無料で本格的なwebサイトを作ることができるブログのプラットフォームです。自由度が高く、思い通りにカスタムズできます。

登録だけでブログが開設できるブログ作成サイトよりはすこし難しいかも知れません。でも、覚えれば意外と簡単で安全に、お洒落なブログを開設できます。また、今のブログで物足りないと思う方ならば、使ってみてください。自由度が高いことからも、商業用としても使えるブログです。

WordPressのメリット

WordPressは少し難しいかも知れません。次の4点がWordPressのメリットです。

  • WordPressはオープンソースであるため、開発費がかかっていません。それにより無料で提供できるのです。無料であることで、低コストでブログを開設できます。
  • WordPressがオープンソースであることから、多くの人が開発を手掛けています。それによりレベルの高いプラグイン、その他が存在します。
  • 定期的にバージョンアップが行われています。つまり常に機能的に、またはセキュリティーの面でも進化し続けているということです。
  • 検索エンジンに強いと言われています。
  • HTMLの知識がなくてもブログを開設することができます。また自由度が高いので、様々なテクニックも覚えることができます。

WordPressを導入する前の準備

無料のブログサイトならば、登録後すぐにブログの開設ができますが、WordPressを利用するためには、サーバーとドメインの準備が必要なのです。まず準備するものは以下の3点です。

  • サーバー
  • ドメイン
  • メールアドレス

サーバーとは

WordPressをインストールする場所であり、記事などのデーターを保管する場所です。

ドメインとは

ドメインは住所みたいなものです。

サーバーなんて、とても大変そうですが、無料のレンタルサーバーもあり、無料のブログサイトと同じように簡単に利用登録ができます。

無料レンタルサーバーと無料ドメイン2選

レンタルサーバーとドメインのオススメ ドメインは有料の方が安全であり、検索エンジン対策的にも、有料の方が良いとされていますが、もし、無料サーバーを無料ドメイン(初期ドメイン)で使うとするならば、以下の2つをオススメします。どれも、WordPress自動インストール機能付きです。

  • XFREE(元Xdomain)
  • StarServerFree (元WPblog)

初期ドメインについて

初期ドメインは最初に各レンタルサーバーについてくるドメインで、初期ドメインでWordPressの運用も可能です。

StarServerFreeとXFREEの初期ドメイン

無料レンタルサーバー初期ドメイン
XFREE example .xp.xdomain.jp
StarServerFree example .wpblog.jp

※ example=例

下記が無料サーバー・初期ドメインでwordPressを使っているサイトです。

  • http://ube.wp.xdomain.jp/
  • http://notebooks.wp.xdomain.jp/

XFREE(元Xdomain)

2018年12月にXdomainはリニューアルしてXFREEとなりました。

エックスサーバーが運営している無料のレンタルサーバーです。WordPressを自動でインストールでき、wordPressを簡単に使い始めることができます。
有料サーバーであるエックスサーバーの会社が運営している点でも、安心な無料レンタルサーバーだと思います。

公式サイト→https://www.xfree.ne.jp/

StarServerFree (元WPblog)

Netowlが運営しているレンタルサーバーです。 WordPressを自動でインストールできます。

XFREEと大きく違う点は、FTPでアクセスできるのは、/wp-content より下のみです。.htaccecやwp-config.phpなどのファイルの編集ができません。

公式サイト→https://www.star.ne.jp/free/

無料レンタルサーバーの比較

XFREESterServerFree
WordPress自動インストール自動インストール
ブログ5件作成可能5件可能
独自ドメイン利用可能利用可能
FTP国外からの接続制限 /wp-content より下
メール200通/日
ディスク容量2G2G
データベース100MB50MG
phpMyAdmin利用可能利用可能
phpphp5/7php5/7
広告スマホ・タブレットのみスマホのみ

どちらの無料レンタルサーバーも、広告が表示されるのはPCからのアクセスの場合です。XFREEの場合、FTPでの海外からの接続に制限がつけられています。StarServerFreeは、/wp-content より下のみの編集です。

無料レンタルサーバーの注意事項

無料レンタルサーバーの更新について

2019年1月、無料レンタルサーバーを利用する場合は3ヵ月毎の更新が必要になりました。

無料レンタルサーバーを継続してご利用いただく場合、3か月ごとの契約更新手続きを義務化いたします。

それまでは更新の必要がなかったのですが、XFREE も StarServerFree3カ月毎の更新です。より高品質なサービスを提供するため、無料レンタルサーバーの不正利用抑制を目的とのことです。

無料レンタルサーバーでできないこと

Google AdSense の利用について

2018年よりサブドメインでの登録ができなくなりました。上記にあるように初期ドメインはサブドメインです。

以前は無料レンタルサーバーのサブドメインで申し込みができましたが、Google Adsenseへの新しい申込みは初期ドメインではできません。 現在はドメインを取得し、申し込まなければなりません。

AMP導入について

Xdomainの AMPエラー

Googleが推奨しているAMPを導入するとAMPエラーになります。検索一覧でも「このページにはAMPエラーがあります」と表示されます。

AMPとは

Accelerated Mobile Pages (AMP) は、Googleが中心となって立ち上げた、モバイルでのウェブサイト閲覧を高速化することを目的とするオープンソースプロジェクトである

AMPエラーの理由

AMP ページが Google のガイドラインに準拠していないと。ユーザー作成の JavaScript があることが問題とのこと。

AMPエラーの原因は
<script type=”text/javascript” src=”https://ad.xdomain.ne.jp/js/server-wp.js”></script> 

つまり無料レンタルサーバーであるXdomainは、Googleが推奨するAMPは導入できないということです。AMPを導入したければ、Xdomainは利用できないと思います。

WordPressをインストール

サーバーを選び、ドメインを取得したら、WordPressのインストールです。次はインストールについて記載していますので、以下をご参考に。

WordPressをインストールに必要なこと【更新】
XdomainでWordPressをインストールしたいXdomainについて大幅に変更になっていますので、下記リンクページに内容を更新しています。WordPressのインストールは、WordPressのダウンロードのページからご自分のPCにダウンロードしなければなりません。しかし、これをwe...

About ゆきを

ジャンルに拘らずに、好きなことを書いてます。 趣味であったり、覚書きであったりします。 むずかしい言葉を使わず、流行りの言葉を使わないように書いてます。