wordpress

記事に目次を自動生成できるWordPressのプラグイン Table of Contents Plus


スポンサーリンク

目次の効果

ページの冒頭に目次があると、訪問者にページの内容が一目瞭然であると同時に、書かれている内容が分かりやすいことから、SEOにも効果があるとされています。今回は、そのページの見出しから、目次を自動で作るプラグイン「Table of Contents Plus」をご紹介します。任意のページだけ目次を付けることもできますし、任意のページだけ付けないこともできます。

目次のデザインは5種類から選べ、またカスタムすることもできます。

スポンサーリンク

Table of Contents Plusのインストール

  1. プラグインの項目から新規追加を選ぶ
  2. Table of Contents Plusを検索窓で検索しインストール
  3. Table of Contents Plusを有効化する
スポンサーリンク

Table of Contents Plusの設定

左側の項目から設定を選び、「TOC+」をクリックします。

wordpress

Table of Contents Plusnoの設定画面がでます。

wordpress

  • 目次を表示する場所を以下の4つから決めます。
  1. 最初の見出しの前
  2. 最初の見出しの後
  3. TOP
  4. ボトム
  • 表示する投稿タイプを決めます。
    最初のpostは記事のことであり、pageは固定ページのことです。
  • 目次の見出しの言葉、表示・非表示のボタンの文字を書き込みます。
  • 階層を表示するか、番号振りが必要か、✔を入れます。
  • デザインを決めます。

デザインは6種類あり、文字のサイズや横幅の指定ができます。

wordpress

目次を表示さるショートコードを使う

上記のように目次を表示させることを基本にして、目次を表示させたくないページに「目次を表示させないショートコード」を記載すれば、目次は表示されません。目次を表示させないことを基本にして、「目次を表示させるショートコード」を記載すれば、目次が表示されます。

目次を表示させないショートコード [no_toc]
目次を表示させるショートコード [toc]
※[ ]は半角で記載してください

除外する見出しの設定

目次は見出しから自動で作られます。つまり投稿内のh1~h6までが目次として表示されます。基本設定の一番下に「高度な設定」があります。

「高度な設定」を開くと、h1~h6までの✔を外すことにより、チェックを外した見出しは非表示になります。「除外する見出し」の設定に言葉を入れておくと、その言葉を使った見出しは除外され、目次に表示されません。

私は、この「高度な設定」の「除外する見出し」関連Share thisを入れています。チェックが入っているh1~h6に、もし「除外する見出し」の言葉、関連またはShare thisが入っていたら、それは目次として表示されません。関連は、関連記事の見出しで、h3で書かれています。Share thisのボタンもhタグが使われています。関連記事とShare thisのボタンを目次に入れる必要がないので、このように設定しています。

目次のカスタムズ CSSを編集する

目次の文字や余白などをスタイルシートでカスタムできます。

例 左右の余白と文字のサイズを指定します。