webサイト

One-Click Child Theme 子テーマをワンクリックで生成するプラグイン



One-Click Child Theme

「子テーマ」は、WordPressのテーマの機能やスタイルを引き継ぎつつカスタムするテーマです。つまり、スタイルを変えたい部分だけを子テーマに書いていけばいいのです。

One-Click Child Themeは名前の通り、ワンクリックで子テーマができるプラグインです。階層を考え、フォルダを置き、子テーマのスタイルシートを作る必要がありません。インストールから設定までとても簡単です。テーマをインストールしたら、まず入れておきたいプラグインです。

One-Click Child Themeのインストール

プラグインから新規追加を選択します。プラグインの検索窓で「One-Click Child Theme」を検索し、インストールしてください。

有効化

インストールが終わると、プラグインを有効化します。

wordpress

wordpress

有効化すると、外観に「Child Theme」が作られています。

One-Click Child Theme

「Child Them」を開いて、「One-Click Child Theme」の設定を行います。

One-Click Child Themeの設定

wordpress

wordpress

以下の3つを書き込みます。

  • Theme Name 子テーマの名前を入れます。(子テーマの名前の付け方は下を参照)
  • Description テーマの説明をします。
  • Author ユーザー名です。

子テーマの名前の付け方

子テーマに名前を付けます。WordPress Codexでは、子テーマディレクトリの名前の最後に「 -child 」を付けることを推奨しています。私はテーマ「twentyten」を使っていたので、親テーマの名前に-childを付けた「twentyten-child」を子テーマの名前にしていました。

確認

あまりに簡単すぎて、本当に出来上がっているのか・・・

確認してみます。「外観」から「テーマ」を開いてみると、子テーマが有効となっています。

wordpress

wordpress

「外観」から「テーマの編集」を開いてみると、子テーマのスタイルシート(style.css)とテーマのための関数(functions.php)が出来上がっています。

wordpress

wordpress

wordpress

wordpress

そして、子テーマは親テーマのテンプレートを引き継ぐと書かれています。

One-Click Child Theme

wordpress

とても簡単でした。FTPソフトも必要なく、あっという間にファイルができました。次回は、この子テーマのスタイルシートでカスタムしてみます。「子テーマ」は、WordPressのテーマの機能やスタイルを引き継ぎつつカスタムするテーマです。つまり、スタイルを変えたい部分だけを子テーマに書いていけばいいのです。