wordpress

WordPress BackWPup を使ったバックアップ方法


スポンサーリンク

BackWPupとは

前回、プラグインを使わないバックアップの方法を説明しましたが、今回はプラグインBackWPupを使ったバックアップの方法を説明します。BackWPupでバックアップする利点は、スケジュールを指定すると自動でバックアップしてくれるところです。

WordPressのバックアップ
バックアップの必要性 webサイトを運営して行く上で大事なことはバックアップを取ることです。WordPressやサーバーやプラグインの不具合などによって、もしかするとデータが消失す
スポンサーリンク

WordPressのデータ保存について

WordPressのデータの保存は、ふつうのブログやホームページとは少し違います。記事やコメントはデータベースに保存されています。つまり、サーバー上のデータと別にデータベース上にデータが存在します。

サーバー上のデータ テーマに関するもの、プラグインに関するもの、画像ファイルなど
データベース上のデータ 投稿記事、コメントなど

バックアップは、このサーバー上のデータとデータベース上のデータをバックアップしなければなりません。BackWPup両方のデータをバックアップしてくれます。

スポンサーリンク

BackWPupのインストール

wordpress

  1. プラグインの項目から新規追加を選ぶ
  2. BackWPupを検索窓で検索しインストール
  3. BackWPupを有効化する

BackWPupの設定

wordpress

左側の項目からBackWPupを選び「Add new job」をクリックすると設定ウインドウが開きます。

job Tasks

上記の「WordPressのデータ保存について」を読むとわかりますが、データの保存で必要なものは、この2つです。

  1. データベースのバックアップ
  2. ファイルデータのバックアップ

記事テキストデータは、データベースに含まれているので、データベースをバックアップする場合は記事のテキストデータはバックアップしなくても構いません。

圧縮形式を選ぶ

wordpress

クリックで画像は拡大します

バックアップし保存するフォルダを選ぶ

wordpress

バックアップされるファイルについて

データベースやファイル、プラグインリストなどを選択すると、それぞれのタブができ、ファイルの内容の一覧が表示されます。チェックを入れることで指示できますが、デフォトで構わないと思います。また、バックアップし保存するフォルダを選択すると、その設定タブが表示されます。

wordpress

転送スケジュール

scheduleタブを開き、手動でバックアップするか自動でバックアップするか指示します。

wordpress

自動を選択すると、スケジュールを指示する項目が開きます。

wordpress

画を参考にして下さい。

月、週、日にち、時間のどれかを指定し、実際にバックアップする時間まで決めます。画は毎日3時にバックアップするように指示されています。

バックアップのフォルダ名とファイルの削除について

保存

wordpress

フォルダの名前はわかりやすい名前に変えることが可能です。「/wp-content/uploads/」にバックアップされるので、uploads/は変更しない方が良いと思います。ファイルの削除については何回分が保存されるかを記載します。15回分を保存する設定になっています。

バックアップの実行

設定が終了し保存すると、ページの上部に「Changes for job blog backup saved. Jobs overview | Run now」が表示されます。すぐにバックアップしたい時にはRun nowをクリックして下さい。バックアップが開始されます。

バックアップの確認

左のWordpress項目からJobsを開くとバックアップの一覧があります。過去のバックアップも確認できます。

wordpress

クリックで拡大します

FTPで確認すると、/wp-content/uploadsにbackwpupフォルダができています。

wordpress