wordpress

WordPressのバックアップ


スポンサーリンク

バックアップの必要性

webサイトを運営して行く上で大事なことはバックアップを取ることです。WordPressやサーバーやプラグインの不具合などによって、もしかするとデータが消失するかもしれません。良いプラグインであったとしても、プラグイン同士の競合でWordPressが真っ白になることもあります。もしものためにデータのバックアップは必須です。

スポンサーリンク

バックアップの方法

以下の2つの方法があります。

  1. FTPとWordPressの管理画面からバックアップする方法
  2. プラグインを使う方法

プラグインを使う方法は、プラグイン「BackWPup」について説明しています。

WordPress BackWPup を使ったバックアップ方法
BackWPupとは 前回、プラグインを使わないバックアップの方法を説明しましたが、今回はプラグインBackWPupを使ったバックアップの方法を説明します。BackWPupでバッ

以下は、WordPressの管理画面からバックアップする方法を記載しています。

スポンサーリンク

WordPressのデータ保存について

WordPressのデータの保存は、記事やコメントはデータベースに保存されています。確かに、FTPでファイルを覗いても、記事のフォイルは見当たりません。

つまり、サーバー上のデータと別にデータベース上にデータが存在します。

サーバー上のデータ テーマに関するもの、プラグインに関するもの、画像ファイルなど
データベース上のデータ 投稿記事、コメントなど

バックアップは、このサーバー上のデータとデータベース上のデータをバックアップしなければなりません。次の手順でバックアップします。

  1. サーバー上のデータ
  2. データベース上のデータ

データベース上のデータをWordPressはAminerで管理できます。

WordPressの管理画面でデータベースをいじるAdminer
AdminerとはWordPressの管理画面上でデータベースの内容をみて、データベースの管理ができるプラグインです。WordPressのデータの保存場所はサーバー上のデータとデー

サーバー上のデータをバックアップ

まずサーバー上のデータをバックアップにFTPソフトを利用します。

FTPソフトの設定については下記を参考にしてください。

FTPソフトの設定の仕方について Xdomain
FTPとは FTPは、ネットワークを通してファイルの転送が行われるプロトコルです。FTPソフトは色々ありますが、有名なソフトであるFFFTPを使ってFTPソフトの設定について記載

サーバー上のデータは、テーマ、プラグイン、画像などのファイルです。フォルダ「wp-content」の中のフォルダをダウンロードします。最低必要なフォルダは「theme」「plugin」「uploads」です。

wordpress

データベースのエクスポート

WordPressの管理パネルからデータベース管理→データベースのバックアップを選びます。そこで、WordPressのデータべースのインポートとエスクポートが可能です。

wordpress

圧縮形式を選びエクスポートします。ダウンロード後に編集を行う場合は圧縮なしを選択してダウンロードします。

  • 参考記事 インポート(復元)も「データベース管理」で行います。