Twitterの動画投稿

Twitterの動画投稿に失敗する原因と対処法


スポンサーリンク

Twitterで動画投稿に失敗する

Twitterで動画を投稿しようとすると次のようなエラーで投稿できない場合があります。

  • ツイートの送信に失敗しました。
  • メディアファイルを処理できませんでした。
  • Cannot read property ‘code’ of undefined
スポンサーリンク

Twitterで動画投稿に失敗する原因

  • Twitterがサポートしている動画形式でない
  • 動画のサイズが大きすぎる、または小さすぎる
  • ネットワークに問題がある
  • ブラウザに何等かの問題がある
  • Twitterの不具合
  • 端末のOSまたはTwitterのアプリが古い

Twitterは文字数など制限があり、動画投稿でも制限を設けています。投稿できる範囲内であるか、まず確認しましょう。

スポンサーリンク

Twitterに動画投稿する場合の動画の条件

次に当てはまっているかを確認します。

動画形式

Twitterでサポートされている動画形式です。

  動画形式
モバイルアプリ MP4・MOV
ブラウザ MP4(H264形式、AACオーディオ)

動画のサイズ

Twitterでアップロードできる動画の長さは2分20秒までで、動画のサイズは、最大512MBです。

解析度などは以下の通りです。

  • 最小解像度: 32 x 32
  • 最大解像度: 1920 x 1200(および1200 x 1900)
  • 縦横比: 1:2.39~2.39:1の範囲(両方の値を含む)
  • 最大フレームレート: 40fps
  • 最大ビットレート: 25Mbps

条件に当てはまっているかを確認します。PCに保存した動画ならば、動画ファイルを右クリック→プロパティで確認できます。

動画の長さはTwitterでトリミングが可能です。

Twitterで動画のトリミング

Twitterの動画投稿

投稿前にでトリミングできます。

Twitterの動画投稿

青いラインが投稿する範囲で、青いラインを動かし調整します。

Twitterで動画投稿を失敗する時の対処法

  1. 動画のサイズは512MB以下であるか(動画の長さはツイートボタンを押す前にトリミングできる)
  2. 解析度・縦横比などを確認する
  3. ブラウザを変えて投稿してみる
  4. ネット環境が悪い場合もあるので、アクセスが少ない時間に投稿する

自動ループ再生について

動画の長さが6分30秒以下ならば、自動でループ再生されます。

またTwitterの設定とプライバシー→ユーザー補助で、動画の自動再生にチェックが入っている場合自動再生されます。デフォルトでは自動再生にチェックが入っています。

Twitterの動画投稿

デフォルトは自動再生です。