海外サッカー 面白かったシーン



海外サッカーのシーン

最近観た試合で面白いなと思ったシーンを集めてみました。思い出したのは次の5つのシーンです。

  • 岡崎のトラップミスからのオウンゴール
  • サンチェスとセスクのハグ
  • ジエゴ・コスタ 観客席に飛び込み退場
  • クロップ監督が第4審判に吠える
  • ドルトムントのペーター・シュテーガー ボールの要求をスルー

岡崎のトラップミスからのオウンゴール

2017年12月9日のプレミアリーグ16節、レスター対ニューカッスル。

ヴァーディからのクロスをフリーの岡崎がトラップミス。クリアしようとしたアジョセ・ペレスの足に当たりオウンゴールとなった。岡崎の微妙な喜び具合も良い。

サンチェスとセスクのハグ

2018年1月4日のプレミアリーグ第22節、アーセナル対チェルシー。

ファールをとられて熱くなるサンチェスを、ファールを受けたセスクがハグするシーン。激昂していたサンチェスの顔が一瞬で笑顔になる。

サンチェスとセスクは、元バルサのチームメイト。

ジエゴ・コスタ 観客席に飛び込み退場

2018年1月6日のリーガ・エスパニョーラ第18節、アトレティコ・マドリー対ヘタフェ。

ジエゴ・コスタの復帰戦。前半より両チーム合わせて7枚のイエローカードが出ていてた。68分、右サイドからのクロスに合わせジエゴ・コスタがゴール。

ジエゴ・コスタは喜びのあまり観客席に飛び込み、イエロー。累積2枚で退場・次戦出場停止となってしまう。

クロップ監督が第4審判に吠える

2017年1月31日のプレミアリーグ第23節、リヴァプール対チェルシー。

リヴァプールのクロップ監督が第4審判に「誰も我々を倒すことはできない!」叫んだシーン。

リヴァプールのGKシモン・ミニョレがジエゴ・コスタのPKを止めた直後。

クロップ監督は、試合の後、第四審判に謝罪したとのこと。第四審判は「あなたの情熱は好きですよ」と言われる。

ドルトムントのペーター・シュテーガー

2018年2月2日、ブンデスリーガ―第21節、ドルトムント対ケルン戦。

タッチラインから出たボールをペーター・シュテーガー監督が取ったシーン。ケルンのスローインで、相手選手がシュテーガー監督にボールを要求。しかし、シュテーガー監督は後方にボールを投げてしまう。