ムバッペ?シャキリ?デ・ブルイネ?表記が違うサッカー選手一覧


スポンサーリンク

エムバペ

2018 FIFAワールドカップ、欧州予選に18歳で代表デビューを果たし、W杯決勝トーナメント1回戦ではアルゼンチン相手に2得点を挙げた。

2017年パリ・サンジェルマン、レンタル移籍後、初戦で1ゴール1アシストという実力を見せつけた折には、エムバペのことを「ンバペ」とも呼んでいた。

今回のW杯でも「エムバペ」と日本語表記するものと「ムバッペ」と日本語表記するものがあり、統一されていない。

スポンサーリンク

サッカー選手 呼び名が違って違和感を感じる選手

エムバペのようにサッカー選手には、そういう選手は少なくない。見ているサッカー番組によって違うので違和感を感じるサッカーファン・サポーターもいるはず。

さて、どのような選手が呼び名、日本語表記が違うのか挙げておきたいと思う。

日本語表記 名前 日本語表記 所属
エムバペ Mbappé  ンバペ、ムバッペ パリサンジェルマン
デ・ブライネ De Bruyne(ベルギー) デ・ブルイネ マンC
グリーズマン Griezmann(フランス) グリエズマン アトレティコ
シャチリ Shaqiri シャキリ ストーク
ヴァラン Varane ヴァランヌ レアル
ディディ Ndidi エンディディ レスター
ウスマン・デンベレ Ousmane Dembélé オスマン・デンベレ バルセロナ
アルデルヴェイレルト Alderweireld アルデルワイレルト トッテナム

エムバペ

フランスとカメルーンの国籍を持つ。フランス読みでは「エムバペ」、アフリカ語圏の発音は「ンバペ」である。

グリーズマン

お本人によれば Griezmann は「グリエズマン」と発音されるべきと。(wikipedia参照)

シャチリ

スイス、コソボ、アルバニアの国籍を持つアルバニア人である。セルビア・クロアチア語の表記は「Šaćiri」で発音は「シャキリ」に近い。アルバニア語の発音は「シャチーリ」(wikipedia参照)

ディディ

ナイジェリア国籍で「Ndidi」。エムバペのように「N」を発音できないので、「エンディディ」とも表記されている。

スポンサーリンク

何故、解説者やアナウンサーによって選手の呼び名が違うのか

サッカー選手の現地での名前表記は日本語では発音できないものや、発音し難いものも多い。日本語の発音にはないのだ。他の国の言葉を日本語に変えているので、当然だろうと思うので、様々な呼び名や表記があっても驚かない。日本語表記を統一するのも難しいように思う。