スマートフォン

スマホ 写真を隠す方法/隠しフォルダを作る


スポンサーリンク

隠しフォルダを作っておく

スマホの写真を見せ合うことってありますよね?そんな時、見られたくないものまでギャラリーに表示されてしまいます。隠しフォルダを作っておけば表示されません。 前回コンテンツマネージャーについて記事を書いたので、そのおまけ記事です。

参考 コンテンツマネージャーについて スマホの写真などのファイル名を変える
スポンサーリンク

コンテンツマネージャーを使う

このコンテンツマネージャーは、どこにどのフォルダがあって、どこにファイルが保存されているかが一目でわかるので、ファイルの管理や整理に便利です。以前は「アストロファイルマネージャー」でファイルの管理をしていました。

スポンサーリンク

DCIMフォルダについて

DCIMはDigital Camera Imagesのことで画像の代表的なフォルダです。スマートフォンで撮影した写真画像はこのフォルダに保存されます。PictureフォルダにはTwitterやLINEでダウンロードした画像が保存されています。

隠しフォルダを作る

隠しフォルダを作って、隠しておきたいファイルを入れておきます。手順は以下の通りです。

  1. コンテンツマネージャーをタップする スマートフォン
  2. 右上のアイコンをタップして、「ファイル管理」を選ぶ smartphone
  3. ファイルの管理画面が表示される
  4. 隠しフォルダを置きたいフォルダを開く (例えば、DCIMのフォルダの中に隠しフォルダを作る場合、DCIMのフォルダを開く)
  5. 右上のアイコンをタップして、「アプリケーションの設定」を選ぶ smartphone
  6. 隠しファイル・フォルダ表示」に✔を入れる
  7. 「フォルダ作成」をタップする smartphone
  8. フォルダ名を入力するが、フォルダ名の前にピリオドを付ける smartphone
  9. 作成をタップする
フォルダ名の前にピリオドを付けると、隠しフォルダになります。.×××× (例).himitu

ファイルを移動させる

隠したいファイルを隠しフォルダに移動します。

  1. コンテンツマネージャーの右上のアイコンをタップする smartphone
  2. ファイル管理場面を表示する
  3. フォルダを開いて、保存されているファイルを表示する
  4. ファイルを長押しする
  5. メニュー画面で「移動」を選ぶ smartphone
  6. フォルダ選択をタップする smartphone
  7. 隠しフォルダを選ぶ
  8. 「ここへ移動」をタップ smartphone

隠しフォルダを隠す

  1. 右上のアイコンをタップして、「アプリケーションの設定」を選ぶ smartphone
  2. 隠しファイル・フォルダ表示」の✔を外す

注意点

隠しファイルや隠しフォルダは、コンテンツマネージャーにも「隠しファイル・フォルダ表示」に✔を入れてない場合表示されません。隠していることを忘れないように。アプリケーションによって不具合があるかもしれません。