wordpress

Search Consoleのクロールの統計情報


スポンサーリンク

クロールとは

googleやyahooなどで検索すると、いくつもの検索結果が表示されます。検索結果はユーザーが欲している情報により近いものを上位に表示するようになっています。実はgoogleもyahooもgoogleの検索エンジンを使っています。yahooは、googleの検索エンジンから得た情報に、yahoo独自のフィルターをかけて検索結果として表示しています。

では、googleはどのように情報を得ているのでしょうか。情報を集めるロボットが世界中のwebサイトを回って情報を集めます。ロボットをクローラ(googlebot)と言い、その行為をクロールと言います。クローラはリンクを辿って、一日に何度もページを訪れます。多くのページに訪れるためにはURLエラーはない方が良いでしょう。クローラが訪れる頻度をチェックすることも大事です。

スポンサーリンク

クロールエラーでURLエラー404が表示された場合

URLエラーで「見つかりませんでした」という404エラーが表示されるということは、googleがアクセスしようとしたページが存在しない時です。その原因は以下です。

  1. ページが削除されたか名前が変更されているのに、古いURLが新しいURLにリダイレクト(誘導)されるように設定されている
  2. リンクにスペルミスがある
スポンサーリンク

クロールエラーでURLエラー404の対処法

404エラーはgoogleの検索結果の掲載順位には影響ありません。しかし何が原因かがわかっていた方が良いと思います。以下のことをチェックしてみてください。

  1. URLをクリック
  2. リンク元タブを開き、無効なリンクがどこからのものかを確認する
  3. リンク元をクリックし、リンクを修正または削除する

search cosole

これはリンクの後ろに「%20%E2%80%8E」が付くというエラーで、 リンクは問題ないように見えますが、リンクの後ろに空白が入っているとエラーになります。

クロールの統計情報

クロールの統計情報には90日間のクローラーの働きがグラフでわかります。

「良好な」クロール数というものは存在しませんが、グラフは比較的平坦で、サイトの拡大に応じて上昇するべきです。

クロール速度が急激に増減した場合の対処

  • robots.txtを見直し、ブロックされている状況を確認する
  • クローラーがページを解析できているかを確認する
    Fetch as Googleで、googleでの認識状況を確認すると良いです。
  • サーバーの処理速度に問題がないか確認する
    良い情報が多ければ、googlebotは頻繁に巡回します。しかしそれによって、サーバーに負担がかかります。また、サイトの反応が遅い場合は、googlebotはリクエストを制御します。
  • エラーが多くないか確認する
    エラーが多い場合サーバーの負担を防ぐため働きを制御します。
  • サイトは定期的に変更しているか
    変更がなければ、クロール頻度が低下します。
robots.txtは検索されたくないページを記載し、検索エンジンのデータベースに登録されないようにするファイルです。「robots.txtテスター」で確認できます。

Fetch as Google

search console

サイトがgoogleがどのように認識されているかを確認できます。

  1. 検索エンジンのデーターベースにインデックスさせたい時に利用
    空欄のまま、リクエストします。
  2. ページのURLを入力し、googlebotがアクセスできるか確認する
    robots.txtでブロックされている場合やサーバーからの応答に時間がかかる場合はアクセスできませんでしたとエラーが表示されます。
  3. ページのURLを入力し、googlebotがそのように認識しているか確認する
  4. モバイルやスマートフォンでの表示を確認する

サイトマップ

サイトマップは検索エンジンにサイトの構成を伝えるファイルです。クロール対象から漏れることを防いでくれます。

「サイトマップの追加/テスト」をクリックして、XML SitemapのURL「sitemap.xml」と入力しサイトマップテストをクリックします。

search console

エラーがなければ、「送信」をクリックします。「インデックスに登録済み」が「保留」になっている場合もありますが、googleで処理されるまでに時間がかかることがあります。インデックスステータスを見れば、登録されているページの総数を見ることができます。

Search Console

  1. Search Consoleについて知る
  2. Search Console 構造化エラー
  3. 構造化データ・メタデータ・リッチスニペットとは
  4. search consoleのデータアイライターとは
  5. seach consoleのHTMLの改善について(descriptions・タイトルタグ)
  6. Search Console 検索アナリティクス
  7. Search Consoleでhreflangタグエラー←現在確認中
  8. Search Consoleのgoogleインデックスについて
  9. Search Consoleのクロールの統計情報