Search Console

search consoleのデータアイライターとは


スポンサーリンク

データアイライターとは

データアイライターとは構造化データのパターンをgoogleに伝えるsearch consoleのツールです。本来リッチスニペットを表示させるには、少々面倒なコードの記述が必要です。しかし、このツールを使えば、実際にプラウザで表示されるページを見ながらその箇所を反転させることにより、必要な情報をgoogleに認識させることができるのです。構造化データのパターンを認識させれば、他のページも自動で認識してくれるのです。

スポンサーリンク

データアイライターの使い方

  1. search consoleにログインする
  2. 「検索での見え方」から「データアイライター」をクリックする
    Search Console
  3. 「ハイライト表示を開始」をクリック
  4. 代表的なページのURLを入れるー私は一番最初の記事のURLを入れました
    同じパターンで他のページも自動でタグ付けする場合は上にチェックを入れる
    Search Console
  5. 情報のタイプを選ぶー私は「記事」を選びました
    Search Console
  6. 「OK」をクリック
  7. 文字を選ぶとハイライト表示されるので、それに相当する右のマイデータアイテムから選ぶ
    Search Console
  8. 必要なマイアイテムを挿入し終えると、終了をクリックする
スポンサーリンク

データアイライターがgoogleに情報を伝えない場合

データアイライターは、データ構造を指定する HTML マークアップを既に含んでいるページについては Google に伝えません。

すでに、情報が書き込まれているページはデータアイライターがgoogleに情報を伝えないということです。

Search Console

  1. Search Consoleについて知る
  2. Search Console 構造化エラー
  3. 構造化データ・メタデータ・リッチスニペットとは
  4. search consoleのデータアイライターとは
  5. seach consoleのHTMLの改善について(descriptions・タイトルタグ)
  6. Search Console 検索アナリティクス
  7. Search Consoleでhreflangタグエラー←現在確認中
  8. Search Consoleのgoogleインデックスについて
  9. Search Consoleのクロールの統計情報