wordpress

構造化データ・メタデータ・リッチスニペットとは


スポンサーリンク

構造化データとは

コンピューターは、膨大な情報の中の文字をただの文字として捉えるだけで、文字に一連の意味や背景があることを理解できません。コンピューターが、文字の示すものをより正確に認識できるように説明を加えて行く手段が構造化データです。

文字にメダデータを付けることで、コンピューターは細かな情報までも認識でき、膨大な情報の中から必要なものを選ぶことができるのです。

スポンサーリンク

メタデータの働き

多くのデータは関連付けられるワードで統一しておくととても扱い易いです。効率的に管理したり検索するのに便利な情報をメタデータと言い、具体的には「著者」や「作成した日付」や「タイトル」などで、ファイルの先頭に記載されています。ユーザーが必要なものを探し、そのページにアクセスする行為には、このメタデータが利用されています。多くの情報の中から欲しい情報を選ぶ時、重要な情報になります。

スポンサーリンク

リッチスニペットとは

リッチスニペットとは、ユーザーが検索した時に、検索結果で表示されるそのページの内容のことです。ページ内の説明が数行でなされています。検索するユーザーにとって、数行の内容でページが自分の知りたい内容と一致しているか判断できるので便利です。

Search Console

  1. Search Consoleについて知る
  2. Search Console 構造化エラー
  3. 構造化データ・メタデータ・リッチスニペットとは
  4. search consoleのデータアイライターとは
  5. seach consoleのHTMLの改善について(descriptions・タイトルタグ)
  6. Search Console 検索アナリティクス
  7. Search Consoleでhreflangタグエラー←現在確認中
  8. Search Consoleのgoogleインデックスについて
  9. Search Consoleのクロールの統計情報