wordpress

Search Console 構造化エラー


スポンサーリンク

Search Console ダッシュボードで確認

Search Consoleのホーム画面の追加した「webサイトクリック」すると、「ダッシュボード」が表示されます。

wordpress

wordpress

構造化データを開くとエラーが表示されていました。

wordpress

スポンサーリンク

構造化データのエラーの対処法

エラーは以下の2点でした。

  1. authorがありません
  2. updatedがありません

つまり、著者と更新日の記載がないとのこですね。

「外観」→「カスタムズ」で投稿者と更新日のメタタグを表示するにチェックを入れます。

結果

エラーがなくなるまで時間がかかるので、上記で一応様子をみます。

追記

構造化エラーは現在なくなりました。構造化エラーがなくなった経緯は後日追記します。

スポンサーリンク

Search Console

  1. Search Consoleについて知る
  2. Search Console 構造化エラー
  3. 構造化データ・メタデータ・リッチスニペットとは
  4. search consoleのデータアイライターとは
  5. seach consoleのHTMLの改善について(descriptions・タイトルタグ)
  6. Search Console 検索アナリティクス
  7. Search Consoleでhreflangタグエラー←現在確認中
  8. Search Consoleのgoogleインデックスについて
  9. Search Consoleのクロールの統計情報