決勝トーナメント表

【決勝トーナメント表】コロンビア vs イングランド【ハメス×ケイン】


スポンサーリンク

コロンビア

  • グループH1位

トップ下にハメスを置き、サイドアタックなどでチャンスを伺う。また状況によっては堅守速攻も行う。

1戦目は日本。FKのキンテロがジャンプした壁の下を通り抜けゴールを決めるが2失点し、勝ち点奪えず。2戦目はポーランド。右サイドキンテロからハメスへボールが渡り、ファーサイドへ。ミナがヘッドで決める。キンテロのスルーパスがファルカオに渡り2点目。グアドラードがドリブルで上がり、ゴール。

3戦目はセネガル。キンテレのCKからミナがヘディング、ゴールを決める。

ジェリー・ミナ

ジェリー・ミナ

対戦/得点 ゴール/アシスト カード システム
日本/1-2 キンテロ カルロス・サンチェス(赤)
バリオス
ハメス
4-2-3-1
ポーランド/3-0 ミナ/ハメス
ファルカオ/キンテロ
クアドラード/ハメス
4-2-3-1
セネガル/1-0 ミナ/キンテロ モビカ 4-2-3-1
スポンサーリンク

イングランド

  • グループG2位

世代交代を果たし、若手を起用している。若手の注目は飛び出しを期待できる22歳のデル・アリ。現在得点王でもあるキープ力と決定力があるハリー・ケイン。スターリングのスピードも期待できる。フォーメーションは3バックで、主導権を握って試合を進めて行く。

1戦目はチュニジア。CKをストーンズをヘディング、セーブでこぼれた球をケインが押し込む。CKをマグワイヤが頭で繋ぎ、ケインがヘッドで決める。

2戦目はパナマ。CKをストーンズが頭で押し込み1点目。PKで追加点を挙げ2点目。スターリングとケインでペナルティエリアに持ち込むと、ケインがゴールを決め3点目。ヘンダーソンが前線へ出したボールをケインが折り返し、ヘンダーソンがシュート。弾かれたボールをストーンズが押し込み4点目。PKで5点目が入る。

3戦目はベルギー。グループリーグ突破が決まっていた2チームの戦いで、2チームとも戦力を変えての対戦。ベルギーに失点を許し、2位通過となる。

ハリー・ケイン

ハリー・ケイン

対戦/得点

ゴール/アシスト カード システム
チュニジア/2-1 ケイン
ケイン/マグワイヤ
カイル・ウォーカー 3-1-4-2
パナマ/6-1 ストーンス/トリッピアー
ケイン
リンガード/スターリング
ストーンズ
ケイン
ロフタク・チーク 3-1-4-2
ベルギー/0-1 3-1-4-2
スポンサーリンク

スウェーデン vs スイス

  • ラウンド16 7月3日(火)27:00-
  • NHK
対戦 スウェーデン スイス
前半 0 0
後半 1 0
得点 ミナ ケイン

決勝トーナメント表