決勝トーナメント表

【決勝トーナメント表】ベルギー vs 日本【トップクラスのタレント揃い×西野監督】


スポンサーリンク

ベルギー

  • グループG1位

トップクラスで活躍するタレント揃いのベルギー。CFにルカク(マンU)、トップ下にアザール(チェルシー)、中盤にデブライネ(マンC)。GKはクルトワ(チェルシー)である。

ヴェルトンゲン(トッテナム)、アルデルワイデルド(トッテナム)、コンパニ(マンC)で守備を固める。

1戦目はパナマ。右サイドからのムニエのクロスを相手DFが弾き、こぼれ球をメルテンスがゴール。アザールからデブライネへ渡り、デブライネのクロスに合わせたルカクがゴールを決めた。カウンターからアザールがドリブルで上がり、ルカクへ、3点目。

2戦目はチュニジア。アザールがPKをもらい先制。ドリブルで上がったメンテンスがルカクへ、2点目。ムニエがルカクにスルーパス、ルカク2ゴール目となる。ロングフィードに抜け出したアザールが4点目を決める。右サイドからのクロスにバチュアイがゴール。

3戦目はイングランド。両チームとも決勝Tが決まった試合で、イングランド共に、メンバーを落としての対戦。ティーレマンスからペナルティエリア内のヤヌザイへ、ゴール。

ルカク

対戦/得点 ゴール/アシスト カード システム
パナマ/3-0 メルテンス
ルカク/デブライネ
ルカク/アザール
ムニエ
フェルトンゲン
デブライネ
3-4-2-1
チュニジア/5-2 アザール
ルカク/メンテンス
ルカク/ムニエ
アザール/アルデルアイレルト
バチュアイ/ティーレマンス
3-4-2-1
イングランド/1-0 ヤヌザイ/ティーレマンス ティーレマンス
デンドンケル
3-1-4-2
スポンサーリンク

日本

  • グループH2位

前回のW杯で日本のパスサッカーではこれ以上は望めないということで、ショートカウンターのサッカーへと変えようとしたが、上手く機能せず、日本のサッカーは崩れてしまっていた。それを引き継いだのが西野監督である。

1戦目はコロンビア。ハンド、レッドカードでPKを貰い先制。CKを大迫が頭で合わせゴール。2戦目はセネガル。長友がペナルティエリア内に持ち込み、乾がゴールを決める。乾のクロスが逆サイドへ流れ本田の元へ、ゴール。

3戦目はポーランド。日本はメンバーを6人変えて臨んだ。後半59分山口のファールでFKを与え、失点する。65分乾を入れ得点を取りに行く。その後、他会場のコロンビアが先制したことがわかり、82分に長谷部投入。現状を維持の安全策を取る。

本田

本田

対戦/得点

ゴール/アシスト カード システム
コロンビア/2-1 香川
大迫
4-2-3-1
セネガル/2-2 乾/長友
本田/乾

長谷部
4-2-3-1
ポーランド/0-1 槙野 4-4-2
スポンサーリンク

日本 vs ベルギー

  • ラウンド16 7月2日(月)27:00-
  • NHK
対戦 ベルギー 日本
前半 0 0
後半 3 2

決勝トーナメント表