java

書籍選び Javaを学ぶ



Java入門編

柴田望洋著

Javaは、1995年、サン・マイクロシステムズが開発したオブジェクト指向の言語です。1992年、家電製品のアプリケーションの開発にC++を使用しようとしました。しかしC++では開発が難しかったことから、もっと安全でプラットフォームを選ばないプログラミング言語の開発を行います。そしてOakを開発します。1995年、OakはJavaとして公開されます。Javaの開発者向けソースコードはサン・マイクロシステムズのwebサイトより無償でダウンロードできました。そしてJavaは広まっていきました。
現在、スマートフォンや携帯電話などで利用されています。C++はC言語との互換性はありますが、Javaにははありません。

2010年、サン・マイクロシステムズはオラクルに買収され、資格試験の名称が、Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)からOracle認定Javaプログラマ(OCJ-P)に変更になっています。

java

Javaを学ぶ 多くの人が最初に手に取る入門書 です。Javaの基礎からオブジェクト指向のプログラミングまで、多くのサンプルプログラムとわかりやすい図表で丁寧に解説しています。

プログラミング言語Java

ケン・アーノルド著、ジェームズ・ゴスリン著

java

javaの開発に携わったケン・アーノルド、ジェームズ・ゴスリンが執筆しています。

Effective Java 第2版

ジョシュア・ブロック著

java
一時絶版となっていた書籍です。とても良い本で、Javaでプログラミングする方の必読書です。オススメします。
より良い書き方を学ぶことができます。

わかりやすいJavaEEウェブシステム入門

川場隆 著

java

サンプルかr作業手順まで丁寧に記載されており、とてもわかりやすいです。初心者にもオススメ。
参考 //tkxlab.hatenablog.com/entry/2014/07/21/162113

Javaの鉄則―エキスパートのプログラミングテクニック

ピーター・ハガー著

java
技術的に上達したとしても「何故そうなのか?」を説明できるまでに理解するのはとても大変です。この鉄則を読むことにより一層知識が広がり、 論理的に理解 することができるようになります。
JAVAのコーティングができるようになった方がさらに知識を深めるために、是非。オススメします。

Javaの格言

ナイジェル ウォーレン著、フィリップ ビショップ著

java

「より良いオブジェクト設計のためのパターンと定石」
JAVA言語の入門レベルから もう一段ステップアップ したい方は、一読すべき本です。再利用性の高いオブジェクト指向設計を学ぶことができます。