HDDケース

壊れたPCのHDD・SSDからデータの取出し、再利用


スポンサーリンク

壊れたパソコンのハードディスク(HDD・SSD)の処分

壊れたパソコンのハードディスクの処分は、PCが正常に作動する場合は消去ソフトを使用したり、また作動しない場合はHDDなどを取り出して物理的に破壊します。

ソフマップの場合、HDD破壊サービスを1台あたり930円。取出しも依頼する場合は+480円です。目の前で破壊し、家に持ち帰ります。

ビックカメラの場合は宅配便で回収し、データ消去証明書が発行されます。回収費用が1箱1780円で、データ消去サービスが3000円です。

パソコンが壊れていても、HDD・SSDは壊れていない可能性もあります。その場合、データを取り出せますし、HDD・SSDの再利用もできます。

スポンサーリンク

壊れたパソコンからHDDを取り出す

壊れたパソコンからHDDを取り出すだけならば簡単です。しかし再利用するためには破損しないように注意が必要です。

注意事項

  • 電源やバッテリーをつなげたままで取り外しを行わない
  • コード類は抜く
  • 静電気帯びる衣類や場所は避ける
  • 接続端子の部分には触れない

HDDを取外す手順

ドライバーはネジに合ったドライバーを使います。精密ドライバーですが、この場合ならば100均で買った精密ドライバーでも取外せました。

  1. ACアダプタやバッテリーを取り外す
  2. パソコンを裏返しにする
  3. HDDのカバーのネジを外す
  4. HDDを固定しているネジを外す
  5. HDDの取り付け金具を外す

HDDの取り外し

HDDカバーは2本のネジでとめてあります。

HDDの取り外し

HDDを固定しているネジも外します。

上記はvaioの場合ですが、メーカーや製品によりHDDの場所や取外し方が違います。

Logitecの公式サイトにメーカー別のHDDについての記事がありますので参考になるかもしれません。

参考→https://www.logitec.co.jp/connect/note_hd.html

HDDとSSDの違い

HDDのかわりにSSDを搭載しているパソコンもあります。SSDは軽く高速で静かであることが特徴ですが、高価です。それに比べHDDは安価です。

パソコンの立ち上がりが速いようにOSの入っているCドライブにはSSDを利用、大容量を必要とするデータを保存するDドライブにはHDDが使われるなど、それぞれの特徴を生かしたパソコンが発売されています。

スポンサーリンク

壊れたPCのHDD・SSDからデータを取り出す

HDDやSSDを外付けハードディスクとして利用できるHDDケースが発売されています。それをパソコンに繋いで、データを復旧させることができます。

外付けHDDについて

外付けHDDは1000円前後からあります。HDDを購入するよりも安く、PCだけではなくTVにも利用できる場合もあります。

Amazonで売れ筋ランキング1位のHDDケースも1000円程度です。

HDD・SSDの接続規格の確認

HDD・SSDの接続規格にはSATA(Serial ATA)接続とIDE接続とがありますので、利用したいHDD・SSDの接続規格を確認します。新しい規格がSATAです。

上の画像で取り出したHDDです。

HDD接続規格

SATA

HDDのサイズの確認

HDDケースを利用するには、HDDのサイズを調べます。HDDの大きさと厚さです。

HDDの大きさ 3.5インチ・2.5インチ・1.8インチ
SSDの大きさ 2.5インチ・1.8インチ・MSATA・M.2
厚さ 9.5mm・7mm

以上のことを、古い(利用したい)HDDで確認しておきます。

HDDケースを選ぶ

  • 接続の規格を確認する
  • サイズに合ったものを選ぶ
  • HDD用かSSD用か、または両方に利用できるものか確認する
  • HDDケースの対応OSをチェックする
  • ケースとPCの接続方法を選ぶ(USB3.0・USB3.1・USB2.0がある)

その他のHDDケース

  • 無線で接続できるHDDケース
  • 複数のHDDが組み込めるケース

無線や複数のHDDを入れることができるケースもあります。

玄人志向やLogitecは店舗でも取り扱っている商品でオススメですが、Amazonで売れ筋1位のHDDケースを購入してみました。

HDDケースの選択

AmazonでこのHDDケースを選んだ理由は、売れ筋1位であり、レビュー数が多く、評価が高かったからです。

  購入したHDDケース 古いHDD
接続規格 SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応 SATA
大きさ 2.5インチ 2.5インチ
厚さ 9.5mm/7mm対応 9.5mm
ハードディスク HDD/SSDケース HDD
  • PCとの接続 USB3.0
  • Windows/Mac対応
  • UASP対応

[amazonjs asin=”B01JOPMKYU” locale=”JP” title=”Salcar 【USB3.0】 2.5インチ 9.5mm/7mm厚両対応 HDD/SSDケース SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応 UASP対応 Windows/Mac 工具不要 簡単脱着 5Gbps 1年保証”]

UASPとは

USBの拡張仕様で、UASPモードで接続されるとより高速でデータを転送できる。

HDD・SSDからデータを取り出す手順

上記のHDDを取外す手順でHDDを取出し、HDDケースを準備します。準備するものは。HDDケースとPCだけです。

  1. HDDケースにHDDまたはSSDを入れる
  2. HDDケースをPCに接続する
  3. PCでEドライブを開く

1.HDDケースにHDDまたはSSDを入れる

口コミではケースを開けるのに時間がかかったと記載があり、開け方は日本語図解で詳しく記載されてます。

HDDケース

ロゴが無い面を矢印の方向にスライドできます。

HDDケース

HDDを入れる側の蓋が開きます。

HDDケース

中に差し込みました。

端子を確認し差込みます。蓋をしてロックします。

HDDケース

付属のケーブルとSSDを入れる時用のクッションが入っています。(このケースはSSDにも利用できる)隙間がある場合はクッションを入れておきます。

2.HDDケースをパソコンに接続する

付属のUSB接続ケーブルでHDDケースとPCを繋ぎます。

Windows10の場合

繋いだ直後のPCの画面

HDDのデータ復旧

HDDを繋ぐと、ローカルディスクEと表示されました。

  1. PCに繋ぐ
  2. PCをクリック
  3. デパイスとドライブで一覧が表示される

壊れたパソコンのハードディスク(HDD・SSD)の処分 壊れたパソコンのハードディスクの処分は、PCが正常に作動する場合は消去ソフトを使用したり、また作動しない場合はHDDなどを取り出して物理的に破壊します。 ソフマップの場合、HDD破壊サービスを1台あたり930円(取出しも依頼する場合は+480円です。目の前で破壊し、家に持ち帰ります。 ビックカメラの場合は宅配便で回収し、データ消去証明書が発行されます。回収費用が1箱1780円で、データ消去サービスが3000円です。 パソコンが壊れていても、HDD・SSDは壊れていない可能性もあります。その場合、データを取り出せますし、HDD・SSDの再利用もできます。 壊れたパソコンからHDDを取り出す 壊れたパソコンからHDDを取り出すだけならば簡単です。しかし再利用するためには破損しないように注意が必要です。 電源やバッテリーをつなげたままで取り外しを行わない コード類は抜く 静電気帯びる衣類や場所は避ける 接続端子の部分には触れない HDDを取外す手順 ドライバーはネジに合ったドライバーを使います。 ACアダプタやバッテリーを取り外す パソコンを裏返しにする HDDのカバーのネジを外す HDDを固定しているネジを外す HDDをスライドさせて取り外す HDDは接続端子と反対側へスライドさせると取れます。上記はvaioの場合ですが、メーカーや製品によりHDDの場所は取外し方が違います。 Logitecの公式サイトに各メーカーのHDDについて記載があります。 参考→https://www.logitec.co.jp/connect/note_hd.html HDDとSSDの違い HDDのかわりにSSDを搭載しているパソコンもあります。SSDは軽く高速で静かであることが特徴ですが、高価です。それに比べHDDは安価です。 パソコンの立ち上がりが速いようにOSの入っているCドライブにはSSDを利用、大容量を必要とするデータの保存のDドライブにはHDDが使われるなど、それぞれの特徴を生かしたパソコンが発売されています。 壊れたPCのHDD・SSDからデータを取り出す HDDやSSDを外付けハードディスクとして利用できるHDDケースが発売されています。それをパソコンに繋いで、データを復旧させることができます。 外付けHDDについて 外付けHDDは1000円前後からあります。HDDを購入するよりも安く、PCだけではなくTVにも利用できます。 Amazonで売れ筋ランキング1位のHDDケースも1000円程度です。 HDDの接続規格の確認 HDDやSSDを接続する規格、接続規格(SATA接続やIDE接続)を確認します。新しい規格がSATAで、SATAとIDEでは接続端子が違います。 HDDのサイズの確認 HDDケースを利用するには、HDDのサイズを調べます。HDDの大きさと厚さです。 HDDの大きさ 3.5インチ・2.5インチ・M.2 HDDの厚さ 9.5mm・7mm 以上のことを、古いHDDで確認しておきます。 HDDケースを選ぶ 接続の規格を確認する サイズに合ったものを選ぶ HDD用かSSD用か、または両方に利用できるものか確認する HDDケースの対応OSをチェックする ケースとPCの接続方法を選ぶ(USB3.0・USB3.1・USB2.0がある) 2.5インチのケースにはHDD用とSSD用があります。 その他のHDDケース 無線で接続できるHDDケース 複数のHDDが組み込めるケース 無線や多くの複数のHDDを入れることができるケースもあります。 玄人志向やLogitecは店舗でも取り扱っている商品でオススメですが、Amazonで売れ筋1位のHDDケースを購入してみました。 HDDケースの選択 AmazonでこのHDDケースを選んだ理由は、売れ筋1位であり、レビュー数が多く、評価が高かったからです。   HDDケース 古いHDD 接続規格 SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応 SATA 大きさ 2.5インチ 2.5インチ 厚さ 9.5mm/7mm対応 9.5mm ハードディスク HDD/SSDケース HDD PCとの接続 USB3.0 Windows/Mac対応 UASP対応 [amazonjs asin="B01JOPMKYU" locale="JP" title="Salcar 【USB3.0】 2.5インチ 9.5mm/7mm厚両対応 HDD/SSDケース SATAⅠ/Ⅱ/Ⅲ対応 UASP対応 Windows/Mac 工具不要 簡単脱着 5Gbps 1年保証"] UASPとは USBの拡張仕様で、UASPモードで接続されるとより高速でデータを転送できる。 HDD・SSDからデータを取り出す手順 上記のHDDを取外す手順でHDDを取出し、HDDケースを準備します。準備するものは。HDDケースとPCだけです。 HDDケースにHDDまたはSSDを入れる HDDケースをPCに接続する PCでEドライブを開く 1.HDDケースにHDDまたはSSDを入れる 口コミではケースを開けるのに時間がかかったと記載があり、開け方は日本語図解で詳しく記載されてます。 ロゴが無い面をスライドさせることができます。 HDDを入れる側の蓋が開きます。 接続端子を差込みますが、向きを間違えないように差込み、蓋をしてロックします。 2.HDDケースをPCに接続する 付属のUSB接続ケーブルでHDDケースとPCを繋ぎます。 Windows10の場合 PC→デパイスとドライブ HDDを繋ぐと、ローカルディスクEと表示されます。   デパイスとドライブの一覧に表示されてない場合の対処 ウィンドウズキーとxを押す ディスクの管理を開く Macの場合 ディスクトップに外付けHDDが表示されます。 古いHDDを外付けHDDとして利用する場合 データ消去 Windowsで外付けHDDをフォーマットします。(OSが入っているCドライブはフォーマットできません。) フォーマットすると保存しているデータは消去されます。フォーマットを行う前に必要なファイルはバックアップします。 Windows10で外付けHDDをフォーマットする手順 PCの管理者アカウントでログインしておきます。 1.スタート→Windowsシステムツール→PC 2.フォーマットするHDDを右クリック デパイスとドライブからフォーマットする外付けHDD(Eドライブ)を右クリックします。 3.フォーマットを選択 4.ボリュームラベルを入力 適当な名前を付け開始をクリックすると、データが消去されるという警告が表示されるので、OKをクリックします。 ボリュームラベル:データを保存するメディアにつける名前をボリュームラベルと言います。

ローカルディスクをクリックします。

デパイスとドライブの一覧に表示されてない場合

windowsキーとxを押しディスクの管理を開くと、ディスクの状態を確認できます。

Macの場合

ディスクトップに外付けHDDが表示されます。

3.ドライブ内のフォルダを表示する

Eドライブをクリックするとドライブ内のフォルダが表示されます。

HDDデータの復旧

フォルダの中にはアクセス権が必要なものもあります。続行でアクセスを取得します。

古いHDDを外付けHDDとして利用する場合 データ消去

Windowsで外付けHDDをフォーマットします。(OSが入っているCドライブはフォーマットできません。)

フォーマットすると保存しているデータは消去されます。フォーマットを行う前に必要なファイルはバックアップします。

Windows10で外付けHDDをフォーマットする手順

PCの管理者アカウントでログインしておきます。

1.スタート→Windowsシステムツール→PC

HDDフォーマット

2.フォーマットするHDDを右クリック

デパイスとドライブからフォーマットする外付けHDD(画像の場合はEドライブ)を右クリックします。

3.フォーマットを選択

HDDフォーマット

4.ボリュームラベルを入力

HDDフォーマット

適当な名前を付け開始をクリックすると、データが消去されるという警告が表示されるので、OKをクリックします。

ボリュームラベル

データを保存するメディアにつける名前をボリュームラベルと言います。

ファイルシステム既定
アロケーションユニットサイズ通常は変更せず

フォーマットとクイックフォーマット

クイックフォーマット短時間で終わる
フォーマットエラーチェックまで行う

5.完了

フォーマットが完了しました。というメッセージで完了です。