DNSレコード設定

DNSレコード 書き方   new


スポンサーリンク

DNS(ドメインネットシステム)とは

DNS(Domain Name System)は、インターネット上のドメインIPアドレスを対応させ、管理するシステムです。

IPアドレス 123.456.781.23
 ↓数字を覚えやすくしたもの
ドメイン  example.com
URL  example.com/hoge/ ←この太文字がドメイン

ドメインからIPアドレスなど情報を調べることができます。

IPアドレス

インターネットで接続されている機器は番号を割り当てられてます。その識別する番号をIPアドレスといいます。IPアドレスによって、機器同士でデータ通信ができます。

ドメイン

IPアドレスは最大12桁もの数字が並びます。この数字を覚えやすい名前にしたものがドメインです。

スポンサーリンク

DNSレコード

インターネット上のドメインIPアドレスを対応させます。

Aレコード(Address)IPv4アドレスを指定
AAAA IPv6アドレスを指定
MXEメールサーバ―の設定・IPアドレス
MXメールサーバーの設定・ドメイン名ホスト名
CNAMEホスト名を指定
TXTホストの情報を記載
URL転送URLを指定
URLフレームURLを指定
スポンサーリンク

リダイレクトとフレーム転送の違い

URL転送は、あるURLにアクセスした時に別のURLに移動させることをURL転送といいます。

リダイレクトは、転送すると転送先のURLも新しいURLが表示されます。

フレーム転送とは、転送しても転送元のURLがブラウザのアドレスバーに表示されます。

リダイレクト転送フレーム転送
転送元example.comexample.com
転送先example.jpexample.com
ホームページは転送先が表示される

DNSレコードの設定方法

注意

変更が反映されるまでに5〜30分程度かかる場合があります。

設定後、しばらく反映されるまで様子を見ます。

DNSレコードの設定 例

  • example.com のIPアドレス 123.456.78.123
a * 123.456.78.123
mx @ 10
txt @ v=spf1 ip4:123.456.78.123 ~all

設定

Awww.example.com a www 123.456.78.123
AAAAPv6.example.com aaaa ipv6 1234::123
MXexample.com (123.456.78.123)
優先順位10
mx @ 10
a @ 123.456.78.123
mx1.example.com (123.456.78.123)
優先順位10
mx  mx1.example.com . 10
a mx1 123.456.78.123
TXT 123.456.78.123txt @ v=spf1 ip4:123.456.781.2 ~all

ホスト名を持つMXレコードの追加

Aレコードを事前に設定します。

TXTレコード

TXTレコードは、v=spf1 から始まります。末尾の ~all は、設定以外のアドレスは認証しないということです。

*(ワイルドカード)を利用する

同じホストに対してサブドメインを恒久的に割り当てる場合はワイルドカードを利用できます。

sub1.example.com
sub2.example.com
sub3.example.com
a*123.456.78.123

サブドメインを他のIPアドレスに設定する

sub.example.com をIPアドレス 234.567.89.123 に設定する場合

a sub 234.567.89.123

実際のDNS設定

  • example.com のIPアドレス 123.456.78.123
  • sub.example.com をIPアドレス 234.567.89.123
a * 123.456.78.123
mx @ 10
txt @ v=spf1 ip4:123.456.78.123 ~all
a sub 234.567.89.123

Value-domain (バリュードメイン)のDNS 設定の手順

  1. バリュードメインの左側のメニューアイコンよりコンパネを選択
  2. ドメインをクリック
  3. DNSレコード/URL転送の設定 を選択
  4. ドメイン名をクリックする
  5. 自動設定または記述後、保存する
DNSレコード設定
DNSレコード設定
DNSレコード設定