coreserver

新サーバーとなったcoreserverでWordPressの設置と無料SSL


スポンサーリンク

coreserverのプランでWordPressを利用する

coreserverでは、CORE-MINI 198円~のプランからWordPressを利用できます。オススメはCORE-A 397円~ですが、CORE-MINI でもスペックは同等です。

mixhostが謳っているHTTP/2、SSDも、新しくなったcoreserverは全プランSSD搭載で、HTTP/2対応です。無料独自SSLも利用できます。CORE-MINIのディスク容量は60GBです。mixhostは10GBで480円ですから、coreserverは格安です。

coreserverは初期費用なしで、30日間お試し期間があります。

プラン CORE-MINI CORE-A
月額 198円~ 397円~
ディスク容量 SSD60GB 120GB
総ファイル数制限 300,000個 600,000個
転送量上限 無制限 無制限
SSL 無料独自SSL 無料独自SSL
MySQL 10 無制限

※独自SSLも利用可能

※198円、397円は12ヵ月契約時の月額料金です。

CORESERVERは上位プランへの変更ができません。mixhostやロリポップは上位プランへの変更ができます。mixhostはアップグレードもダウングレードも可能です。

CORESERVERのドメインと無料SSL

CORE-MINI CORE-A
マルチ・サブドメイン合わせて50 無制限

提供サブドメインを10個の中から選ぶことができます。

ドメイン設定

CORE-MINIでも、ドメイン・サブドメインを合わせて50件のwebサイトを作ることができます。

  • https://□□□.geo.jp/

□□□は好きな文字を入れます。サブドメインのgeo.jpは提供サブドメインの10個の中から選べます。

ドメイン設定手順

①サブドメインを選び、②にドメイン名を記載するだけです。

 

サブドメインからsphere.scを選び、888.sphereとしてみました。

 

  1. コントロールパネルを表示する
  2. ドメイン設定をクリック
  3. ドメイン設定の新規作成を開く
  4. サブドメインを使うをクリックし、サブドメインを選ぶ
  5. ドメイン名に好きな文字を入れる
  6. ドメインを新規作成する

無料SSLを利用する手順

webサイトを簡単にSSL化できます。SSL化したいドメイン名をプルダウンから選び、SSLを選択するだけです。

 

プルダウンでドメインを選びます。上記で設定したドメインは888.sphereです。

  1. コントロールパネルを表示する
  2. サイト設定をクリック
  3. サイト設定の新規作成を開く
  4. ドメイン名を選ぶ
  5. SSLを選ぶ
  6. サイト設定を新規設定する

これで、作ったドメインにSSLの設定ができました。簡単です。

スポンサーリンク

CORESERVERでWordPressをインストールする方法

CORESERVERでWordPressをインストールする手順は以下です。

  1. ドメイン設定
  2. サイト設定(SSLの設定)
  3. DB設定
  4. WordPressのインストール

ドメイン設定とサイト設定は上記の通りで簡単です。

DB設定の手順

WordPressで利用するDBを作成します。1つのDBに複数のWordPressをインストールすることも可能ですし、1つのDBに1つのWordPressをインストールしても構いません。CORE-MINIで10個、CORE-Aで無制限のDBを作ることができます。

DB設定はDB名とハスワードを記載するだけです。

 

  1. コントロールパネルを表示する
  2. データベースをクリック
  3. MySQL一覧で、データベースの新規作成を開く
  4. DB名、パスワードを記載
  5. データベースを新規作成する

CMSインストール

  1. コントロールパネルを表示する
  2. サイト設定をクリック
  3. ツール/セキュリティーを開く
  4. CMSインストール項目からWordPressをクリック
  5. インストールパスを選ぶ(サイト設定で作ったドメインを選ぶ)
  6. インストール

WordPressをインストール

  1. コントロールパネルを表示する
  2. サイト設定をクリック
  3. サイト一覧からインストールしたドメイン名を選び開く
  4. ドメイン名のリンクからwebサイトを開く
  5. DB名とユーザー名(DB名と同じ)、DBのパスワードを記載する
  6. インストールする

DB名、ユーザー名、パスワードはMySQL一覧で確認

 

データベースのMySQL一覧でDB名とパスワードは確認できます。鍵マークからMyAdminにログインできます。

リニューアルしたCORESERVERのは下記リンクでお確かめください。

https://www.coreserver.jp/info/brandnew2017/

無料SSL可能 500円以下のレンタルサーバー比較【WordPress】
無料レンタルサーバーから有料へ 有料なのに負荷制限があって無料サーバーと変わらない?mixhostの10GBってどうなの?新しくなったCORESERVERの総ファイル数制限って?