クラッテンバーグ

世界最優秀主審のクラッテンバーグ氏がプレミアリーグからサウジアラビアへ 何故?



プレミアリーグの公式発表

2月16日、プレミアリーグの公式サイトは、プレミアリーグの審判グラッテンバーグ氏がサウジアラビアに移籍することを発表しました。

マーク・クラッテンバーグ

海外サッカーを観たことがある方ならグラッテンバーグ審判を知っているでしょう。昨年のチャンピオンズリーグの決勝、2016EUROの決勝で主審を務め、2016年の世界最優秀主審賞に輝いた審判。

プレミアリーグでは12年間審判を務め、信頼を得ていただろうクラッテンバーグ氏。先日のアーセナルとハル・シティ戦では、アーセナルのFWレクシス・サンチェスのハンドを見逃してしまいましたが、いつも涼しい顔に見えるクラッテンバーグ審判、ファンも多いことでしょう。

私もプレミアで審判クラッテンバーグ氏を見られないのは残念です。

クラッテンバーグ氏 今後のプレミアの試合について

イギリスのメディアBBCは、プレミアリーグ、26節の試合前に辞任する予定であると報じています。イングランドのプロ審判協会もサウジアラビアサッカー連盟への移籍に向けて準備を進めているという。

プレミアリーグの審判の定年は48歳、FIFAの審判員の定年は45歳、現在41歳のクラッテンバーグ氏は自動更新付きの1年契約でサウジアラビアへ移籍となります。

2月5日にサウジアラビアサッカー連盟の審判部門部長を辞任したハワード・ウェブ氏の後任となり、サウジアラビア審判員のパフォーマンスの向上に務め、サウジアラビアのプロチームでも笛を吹く予定です。

マーク・クラッテンバーグ

マーク・クラッテンバーグ氏は、イングランド出身。1975年生まれの現在41歳。2006年にイングランド、当時史上最年少となる30歳で国際審判員になり、2007年から国際審判員として活躍。

UEFA EURO 2012で副審、2014UEFAスーパーカップで主審、2015-2016UEFAチャンピオンズリーグでは6試合と決勝、UEFAヨーロッパリーグでは2試合を担当。2016EUROでは決勝の主審を務めました。

CLとEUROの決勝記念にタトゥーを入れたことでも話題となった審判。

UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16 決勝