amazonjs

AmazonJSの設定と使い方



AmazonJS

アマゾンの商品を画像とともに紹介、リンクできるプラグインです。見栄えもいいですし。簡単に商品をリンクできます。一度設定すると使い方は簡単ですが、すこし設定が面倒です。その設定を記載します。

AmazonJSのインストールと有効化

プラグインの新規追加の検索窓でAmazonJSを検索し、インストール後、有効化します。

AmazonJSの設定

ダッシュボードの右側の項目の設定を選び、「AmazonJS」をクリックすると、AmazonJSの設定画面が開きます。

警告が出た場合の手順

amazonjs1

設定画面を開いた時、警告が出ているのなら、次の手順に移ります。警告の内容は以下の通りで、指示の通りにフォルダを作ります。

警告、キャッシュディレクトリが存在しません
書き込み可能なディレクトリを/wp-content/cache/amazonjs/ に作成してください

指示の通りにキャッシュディレクトリを作ります。この場合、FTPソフトを利用します。

  1. wp-contentnを開き、フォルダ「cache」があるか確認し、なければ作成する
  2. フォルダ「cache」の中にフォルダ「amazonjs」を作成する
  3. 「amazonjs」のパーミッションを777にする

amazonjs2

フォルダを右クリックして「属性の変更」をクリックし、777に変更する

これで設定画面の警告が消えていると思います。

Amazon Product Advertising APIアカウントの作成

Amazon Product Advertising APIアカウントを作成します。このアカウントはAmazonアソシエイトとは違います。

amazonjs

ここから作成をクリックすると、Product Advertising API のページが開きます。アカウント作成に進みます。アカウント作成のボタンをクリックします。

アカウント作成

  1. My e-mail address is にメールアドレスを入力
  2. 新規の場合は「I am a new customer」にチェックを入れる
  3. 新規登録へ進む

amazonjs

アクセスキーを取得

登録が終わる、またはログインすると次の画面が表示されます。

Manage Your Accountをクリック

amazonjs 

こちらのリンクからをクリックするとログイン画面になり、再度ログインします。

amazonjs

セキュリティ認証情報画面へ進む

amazonjs

アクセスキー(アクセスキー ID とシークレットアクセスキー)をクリックすると、アクセスキー ID とシークレットアクセスキーが表示され、Download Key Fileでアクセスキー情報が記載されたファイルがダウンロードできます。

Amazon JS の設定

Product Advertising APIの設定

Amazon JS のProduct Advertising APIの設定画面で、上記で取得したアクセスキー ID とシークレットアクセスキーを入力します。

アソシエイトタグの設定

アソシエイトタグを入力します。アソシエイトタグはAmazon.co.jpに、Amazon アソシエイトウェブサイトのトラッキングID「***-22」を入れます。

これで、Amazon JS の設定は終わりです。

Amazon JS の使い方

ここからは簡単です。ビジュアルエディッタにamazonのアイコンができています。

amazonjs

  1. amazonのアイコンをクリック
  2. 検索窓に掲載する商品名などを入れる
  3. 掲載したい商品を選択する
  4. 掲載するスタイルを選び挿入する

amazonjs

もし検索窓で検索して希望のものが見つからない場合は、ASINやURLでも検索可能です。ASINは商品のページの登録情報に記載されています。(ももクロのBDを買うつもりなので、検索してみました。)