Amp Inserter

AMP自動広告を簡単に貼る Ad Inserter


スポンサーリンク

自動広告

AMP自動広告は自動的に最適化され最適な場所に広告を貼ります。Ad Inserterを使って貼って、AMP自動広告を貼る手順を記載します。

スポンサーリンク

Google Adsenseでの手順

まず、Goodle AdsenseでAMP自動広告の設定とコードの取得を行います。

  1. Goodle Adsense にログイン
  2. 「広告の設定」→「コンテンツ」→「自動広告」
  3. 「AMP自動広告」のタブを開く

手順1

手順1に記載のように、「AMP自動広告」をONにします。

手順2

AMPスクリプトをコピーして、AMP HTML の head タグ内に貼り付けます

手順3

広告コードをコピーして、AMP HTML の本文に貼り付けます。太文字の部分はサイト運営者のIDです。

<amp-auto-ads type=”adsense” data-ad-client=”ca-pub-1234567891234567“>
</amp-auto-ads>
スポンサーリンク

Ad Inserter にAMP自動広告を貼る手順

AMPを管理するプラグイン AMP for WP でもAMP自動広告を貼ることができます。

AMP自動広告・関連記事を更に簡単に貼る方法・実際の見え方
AMP自動広告 AMP自動広告はAMPページに自動的にAdSenseの広告を貼ってくれます。自動広告はとても便利ですし、増収も見込めます。 自動広告の設定手順 Ad

Ad Inserter は有料を利用しなくても、AMP自動広告を貼れます

For the body code simply configure one block with adsense code

[ADINSERTER AMP]
<amp-auto-ads type=”adsense” data-ad-client=”ca-pub-123456789123456″>
</amp-auto-ads>

and set automatic insertion Before post (if your theme does not support this position use Before content).

This position is not immediately after the <body> tag but is the topmost position available without modifying theme files. It should work normally.

Ad inserter でテスト済みのAMPプラグイン

次のAMPプラグインはAd inserter でテスト済みです。

  • AMP for WP
  • AMP
  • WP AMP Ninja
  • WP AMP

参考:https://adinserter.pro/settings

Ad Inserter をインストール、有効化します。

AMP自動広告の広告コードを貼る

手順は次の通りです。

  1. ダッシュボードの設定より「Ad inserter」をクリック
  2. 1つのblockに手順3のコードを貼る
  3. 「Automatic Insertion」はBefore postまたはBefore content
  4. Seveする

AMPページにコードを貼るための設定

AMPページにコードを貼るには2つの設定が必要です。

Misc→Insertion→AMP page

  • 非AMPページとAMPページに同じコードを挿入する場合は、Misc / InsertionセクションのAMP pagesチェックボックスにチェックを入れる。
  • AMPページに異なるコードを入れる場合(Adsense)はAMP pagesチェックボックスにチェックを入れない。

Ad Inserter

セパレーター [ADINSERTER AMP] を使用する

セパレーター [ADINSERTER AMP] でコードを区切ります。セパレーターより上のコードは非AMPページ(通常のページ)に、セパレーターより下のコードはAMPページに挿入されます。

AMP自動広告コードを貼る

コードを貼る場合、[ADINSERTER AMP]セパレータを使用します。[ADINSERTER AMP]セパレータの下のコードがAMPページに挿入されます。

[ADINSERTER AMP]セパレータについて

デフォルトでは、広告コードはAMPページに挿入されません。 Javascript広告やJavascript分析はAMPページでは許可されていないため、AMPページではほとんどの標準広告コードを使用できません

なるべく、Insertionタブ の ▢AMP pages はチェックしないで下さいとのことです。

[ADINSERTER AMP]セパレータを使用して、AMPページにAMPコードを挿入します。セパレーター上のコードは通常のページに挿入され、セパレーター下のコードはAMPページに挿入されます。

AMP自動広告のスプリクトを貼る

手順2のAMPスクリプトはhead タグ内に貼ります。

  1. 設定のアイコンをクリック
  2. Headerのタブを開く
  3. 手順2のスプリクトを貼る
  4. Seveする

Headerにスプリクトを貼る

PHPボタンの横にあるヘッダー/フッターコードを有効にする

上記の記事は下記リンクを参考に行った手順を記載しています。

→WordPress Support

AMP広告

AMP広告

通常の広告

記事の中の広告は「スポンサーリンク」というラベルだけで、表示されていません。

AMP広告

AMP広告

Ad Inserter の使い方

Ad Inserter の使い方を記載しておきます。

16のBkock

Ad Inserter は、図1のように1~16のBlockがあり、16の広告コードを貼ることができます。1Blockの部分をクリックすると名前の変更ができます。

  1. ダッシュボードの設定より「Ad inserter」をクリック
  2. 黒い部分に広告コードを貼る

広告を貼る位置の設定1

16通りの広告の位置の設定ができます。

  1. Automatic Insertion の▼で広告の位置を選ぶ

次の16通りから選びます。位置は図でみることもできます。(下記参照)

Disabled 無効
Post 投稿の前後・間
Content コンテンツの前後
Paragrach 段落の前後
Excerpt 抜粋の前後
Comments コメントの前後・間
Footer フッター
HTML element HTMLエレメントの前後

Paragrach(段落)の設定

Paragrach(段落)を選ぶと、詳細設定が表示されます。

2と入れると2番目の段落に広告が入ります。

counting をクリックすると段落の数え方の設定ができます。

段落の数え方

段落は上または下から数えることができます。

  • From Top
  • From Bottom

段落のタグ

段落のタグは通常pタグですが、h2、h3、divなども設定できます。

  • pタグをトップから数えて2番目
  • h2タグを下から数えて2番目

などの設定ができます。

  • Before paragrach
  • Paragrach(s) 2
  • From Top
  • Pタグ

ならば、Topから数えて2番目のPタグの前に広告を貼るということです。

Paragrach(s)はパーセンテージでも指定できます。

Paragrach(s) 2 整数は段落の番号
Paragrach(s) 0 ランダムな位置
Paragrach(s) 0.3 小数点はパーセンテージ30%

特定のテキストのカウント

特定のテキストのを含まない(含む)場合だけをカウントするなどの設定ができます。

<blockquote>、<figure>、<li>などはカウントされません。

広告を貼る位置の設定2

広告を貼る位置を決めたら、その広告を中央か左寄せかなどを Alignment and Style で設定します。

デフォルトを含め中央、左寄せ、右寄せなど7通りの設定、またはcssでの設定もできます。

Show をクリックすると、よりわかりやすいです。

Amp Inserter

Before Post と Default(デフォルト)を選んでいます。

Previewをクリックすると、プレビューウインドウでも確認ができます。

広告を表示させるページタイプを選ぶ

表示させたいページタイプにチェックを入れます。

  • Posts(投稿)
  • Static pages(固定ページ)
  • Homepage
  • Search pages
  • Category pages
  • Tag/Archive pages

デフォルトでは、 エラー404ページとRSS feedには広告コードは挿入されません。404ページやRSS feedに広告を表示させる手順は、Miscをクリックし、Insertionタブを開き、チェックを入れます。Adsenseではエラーページに広告を掲載することは許可されていません。

一部の記事の広告を表示または非表示にする

個別に表示または非表示にすることができます。

広告の表示させたいページタイプ Posts または Static pages の▼をクリックします。

  • Individually disabled(個別に無効化)
  • Individually enabled(個別に有効化)
Individually disabled デフォルトは広告を表示する
Individually enabled デフォルトは広告を表示しない

広告表示と非表示リスト

表示(ホワイトリスト)と非表示(ブラックリスト)を作ることができます。

Ad Inserter

  1. LISTをクリックする
  2. URLや投稿ID、カテゴリーやタグなどを記載する

複数のURLや投稿IDをリストに登録するには「,」で区切ります。

その他、特定の端末のみに広告を表示するなどの設定もできます。

ウィジェット・ショートコード・PHP

ウィジェットやショートコードにも対応しています。Manualタブを開き、チェックを入れます。

  • ウィジェット
  • ショートコード
  • PHP関数呼び出し

広告ラベル

広告の上に広告ラベルを表示できます。Miscをクリックし、Displayタブを開き、Ad Labelにチェックを入れます。

AdSense広告用のコード生成ツール

コード生成ツールはAMPページ用AdSenseコードも生成します。

  1. コードツールボタンをクリック
  2. コードジェネレーターボタンをクリック
  3. AdSenseタブを開く
  4. サイト運営者IDと広告IDを記入
  5. 生成

Ad Inserter

  • 運営者ID ca-pub-1234567891234567
  • 広告ID 1234567890

AMPを管理するプラグイン AMP for WP でもAMP自動広告を貼ることができます。

AMP自動広告・関連記事を更に簡単に貼る方法・実際の見え方
AMP自動広告 AMP自動広告はAMPページに自動的にAdSenseの広告を貼ってくれます。自動広告はとても便利ですし、増収も見込めます。 自動広告の設定手順 Ad
AMP 対応広告の貼り方・手順【簡単な3つの方法】
AMP 対応広告 AMP導入にあたり、それに合わせた広告を貼らなければなりません。その手順を記載しておきます。方法はいくつかありますが、簡単にGoogleの広告を貼ることができる